ラーメン構造とは

ラーメン構造とは

柱 と梁、柱と桁、梁と桁、大梁と小梁というような、垂直、水平の軸組材相互の接合状態が剛接合としてつくられている構造。


ラーメン構造の「ラーメン」とは,食品のラーメンではありません。
ドイツ語で枠という意味のある「ラーメン」が由来です。
ラーメン構造は、平行四辺形に変形させるような外からの力がかかったときに、全体の曲げ抵抗で変形を止めます。
このとき,角部分に大きな曲げようとする力が働きますので、角部分を強くしておく必要があります。

ラーメン構造よく比較されるのがトラス構造です。
住宅の木造工法の軸組み工法にも,ラーメン系の軸組工法とトラス系の軸組工法があります。

ラーメン系の場合は先に解説したように、角部分を強くする必要があるので、構造部材が大きくなります。

対して、トラス系の構造は3角形からなる構造なので、長方形→平行四辺形のような変形が発生せず構造部材を小さく、軽量化できます。

しかし,この構造にも弱点があり、斜めに部材が入るぶん、壁の多い構造なら使用できますが、ドア、障子、ふすま等など開口部の多い構造には適用できません。

MENU
TOP
ラーメン構造 特徴
ラーメン構造 長所
ラーメン構造 短所
耐震特集
サイトマップ
運営会社情報
 
copyright(C)JSP AllRightsReserved